30才から39才の間に更年期が来たとすれば、医学的…

30才から39才の間に更年期が来たとすれば、医学的な用語では「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という疾患を指します(この国の場合は40歳未満の女の人が閉経するケースを「早発閉経(early menopause)」と定義しています)。

「常に時間に追われている」「面倒くさい様々な人間関係がとても嫌だ」「あらゆる技術やインフォメーションの進歩に追いつくのが大変だ」など、ストレスを感じやすい誘因は一人一人違います。

緊張性頭痛というのは肩凝り、首筋の凝り、張りが素因の最も一般的な頭痛で、「ギューっと締め付けられるような激しい痛さ」「重くてたまらない鈍い痛み」と表現されています。

陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学上では股部白癬と呼び、白癬菌が股部や陰嚢、お尻などの部位に何らかの理由で感染してしまい、定着してしまった病気であり即ち水虫です。

昨今、若い世代で咳が続く結核に抗える免疫を保持していない人々が増加したことや、診断が遅れることによるアウトブレイク・院内感染が多くなっているようです。

手ごわいインフルエンザに合った予防するための方法や医師による治療といった類の必須の対策そのものは、それが例え季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであってもほとんど変わらないのです。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に存在するインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことが原因で、結果的に膵臓からはインスリンがほとんど出なくなり発病する自己免疫性のタイプの糖尿病です。

肝臓を健康な状態にキープするためには、肝臓の毒素を分解する力が低くならないようにすること、分かりやすく言えば、肝臓の老化対策に地道に取り組むことが効果的だと思われます。

自分で外から観察しただけでは骨折したかどうか区別がつかない場合は、負傷した所の骨を優しく触れてみてください。もしその位置に激しい痛みがあれば骨が折れているかもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。

日本における結核対策は、長年、1951年に施行された「結核予防法」にならう形で進行されてきましたが、平成19年からはその他の感染症と一括りにして「感染症予防法」という名前の法律に基づいて行われることに決定したのです。

ハーバード大学医学校(HMS)の調査データによると、一般的なコーヒーと比較して毎日2~3カップのカフェインの取り除かれたコーヒーを代用することで、なんと直腸がんの発症する確率を5割も減らせたらしい。

食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒が強烈な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)に分けられます。

ストレスがかかり、溜まるという構図や、手軽で有用なストレス対策法など、ストレスにまつわる細かい知識を保持している方は、さほど多くはありません。

音楽会やライブなどの開催される場所や踊るためのクラブなどに設けられている大音量スピーカーの近くで大きな音を浴びて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼ぶのです。

いんきんたむし(陰金田虫)という病気は若い男の人に多く確認され、大抵の場合は股間の辺りだけに広がり、身体を動かしたり、風呂から上がった後など全身が温まった時に強いかゆみを感じます。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。