BMI(体重指数)の計算式はどの国でも同じですが、…

BMI(体重指数)の計算式はどの国でも同じですが、BMI値の位置づけは国ごとに違っていて、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22が標準、BMI25以上は肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と定義付けています。

不整脈の中でも期外収縮は、健康な人にも症状が起こることがあるため珍しい心臓疾患ではないといわれていますが、同じような発作が継続して出るケースは危ないといえます。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは睡眠中ではなく覚醒状態で生命活動を保つ(心臓、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張のキープなど)ために欠かせない理論上のミニマムなエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。

現在まで使用されてきた生ワクチンに予防接種法で接種が推奨されている定期接種として導入されるので、小児科などの医療機関で接種するという個別接種の形になりました。

強い痛みを伴うヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の隙間にあるクッションに近い役割をする椎間板(ついかんばん)という柔らかい線維軟骨が突出した様子のことを表しています。

四六時中肘をついた横向きの状態のままでテレビを視聴していたり、長時間頬杖をついたり、ハイヒールなどを日常的に履くといった癖や習慣は身体の均衡を悪化させる因子になります。

通行中の交通事故や高所からの転落事故など、非常に大きな圧力が体にかかった場合は、複数の位置に骨折が齎されたり、複雑骨折に至ったり、酷い場合は内臓が損傷することもあり得ます。

汗疱(かんぽう)とは掌や足裏、指と指の間などに細かな水疱ができる疾患で、大抵はあせもと呼び、足裏にできると足水虫と混同されることがよくあるようです。

我が国における結核への対策は、1951年に制定された「結核予防法」に従って促進されてきましたが、56年後の平成19年からはこれ以外の感染症とまとめて「感染症予防法」という法律に沿って実行される運びとなったのです。

患者が増えつつある逆流性食道炎は、4~5日きちんとお薬を飲めば、原則として多くの患者さんの自覚症状は消えますが、とはいえ食道粘膜の傷みや炎症が引いたとは言い切れないので留意してください。

現在のオペ室には、洗面所や器械室、準備室(preparation room)を用意し、オペ中に撮影するためのX線装置を備え付けるか、そうでなければ近距離にレントゲン撮影のための専門室を準備するのが常識となっている。

パソコン画面の青っぽい光を低減させるレンズの付いた専用メガネがことさら人気を博しているのは、疲れ目の消失に大勢の人が惹かれているからでしょう。

アミノ酸のグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を衰退させたり突然変異を誘発する害のある物質を体の中で解毒し、肝臓の働きをより良くする力が確認されているのです。

アルコールをクラッキングする力のあるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに大変有効です。辛い二日酔いの因子だといわれているエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という化学物質のクラッキングにも関係しています。

チェルノブイリ原子力発電所の事故の長期間に及ぶ後追い調査の結果によると、体の大きな成人に比べて若い子どものほうが漏れた放射能の被害をより受容しやすくなっていることが分かります。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。