BMI(体重指数)の計算式はどの国も同じですが、B…

BMI(体重指数)の計算式はどの国も同じですが、BMI値の評価基準は国家単位で少しずつ異なり、日本肥満学会(JASSO)ではBMI22を標準体重とし、25以上を肥満、18.5未満であれば低体重と定義しているのです。

1回歯の周りを覆っている骨を浸食するまでに深刻になってしまった歯周病は、おそらく炎症自体が和らいだとしても、なくなったエナメル質が元の量に再建されることはないに等しいと言われています。

メタボリックシンドロームであるとは言われなくても、内臓脂肪が多く蓄積してしまうパターンの悪質な肥満症を持っていることにより、色々な生活習慣病を発症しやすくなります。

脂漏性皮膚炎という病気は皮脂の分泌異常が原因で生じる湿疹で、分泌の異常の主因としては性ステロイドホルモンのバランスの崩れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏などが注目されているのです。

お年寄りや慢性的な疾患を持っている人などは、ことさら肺炎を発症しやすく完治までに時間がかかる傾向があるため、予防策の徹底や迅速な手当が重要なのです。

クシャミ、鼻水、鼻詰まりに目の痒み・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の諸症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛散量の多さに比例するかのように悪化の一途を辿るという性質があるということです。

日本における結核への対策は、長年、昭和26年にできた「結核予防法」に従って促進されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からはこれ以外の感染症と同じように「感染症法」という名前の法律に準拠して行われることに決まりました。

開放骨折して多量に出血した際は、急に血圧が降下して眩冒や冷や汗、吐き気、顔面蒼白、意識消失発作などの不快な脳貧血の症状が引き起こされる場合もあります。

内臓脂肪の多い肥満があった上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2個か3個すべてに該当するような様子のことを、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と称しています。

「常に時間に追われている」「面倒ないろんな人間関係が苦手」「あらゆるテクノロジーや情報のハイレベルな進歩に追いつくのが大変」など、ストレスを受けやすい元凶は人によって違います。

悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、通常ならばヒトをガンから保護する役目を果たす物質を作るための金型のような遺伝子の不具合によって発病すると言われています。

気分障害のうつ病というのは脳の中で分泌される神経伝達物質のセロトニンが足りなくなり、不眠、憂うつ、強い倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、強い焦り、極端な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図等の症状が見られるのです。

流行性感冒、即ちインフルエンザに適応する効果的な予防法や手当など基礎的な対処策は、それが例え季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザであってもほぼ変わりません。

セロトニン(5-HT)神経は、自律神経のメンテナンスや痛みを鎮静化させ、分泌物質の覚醒などをコントロールしていて、気分障害(うつ病)の方はその働きが鈍化していることが明らかになっている。

AIDSはHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染が原因のウイルス感染症の病名であって、免疫不全を招いて些細な真菌などによる日和見感染や悪性腫瘍等を複数発病する病状のことを称します。

タマゴサミン 飲み方

SNSでもご購読できます。