Uncategorized

... 続きを読む

AED(Automated External De…

AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を保有しない一般人でも扱える医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの手順に沿って処置することで、心臓が細かく震える心室細動の応急処置の効き目を与えます。 不整脈の期外収縮は、病気ではなくても症状が出ることがあるの... 続きを読む

ジェネリック医薬品(generic drug)とい…

ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が切れてしまった後に売られ、新薬に等しい成分で負担を少なく抑えられる(クスリの価格が安価な)後発医薬品のことをいいます。 下腹部の疼痛の元凶となる主な病には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、炎症性腸疾患... 続きを読む

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番症例…

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番症例の多い中耳炎で比較的小さな子供によく起こる病気です。激しい耳の痛みや38度台の発熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などの色々な症状が出現します。 人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に働く糖質、細胞の新陳代謝に必要となるタ... 続きを読む

脂溶性のV.D.は、カルシウムが吸収されるのを助長…

脂溶性のV.D.は、カルシウムが吸収されるのを助長するという特質が知られていて、血中のカルシウム濃度を微調整し、筋繊維の機能を操ったり、骨を作ります。 食事の際は、食べ物をなんとなく口に運んで数回咀嚼して後は飲み込むだけだが、それから人体は実にまめに機能して食物を身体に取り入れるよう励んでいる。 折... 続きを読む

スギの花粉が飛散する1月から4月の時期に、小さな子…

スギの花粉が飛散する1月から4月の時期に、小さな子どもが体温は普通なのに頻繁にくしゃみしたりずっと鼻水が止まない状態だったなら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。 基礎代謝量(kcal)は目が覚めている覚醒状態で命を維持していく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温... 続きを読む

突然発症する急性腸炎(acute enteriti…

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹痛・吐き気・下痢を伴う位で済みますが、バイ菌の感染によるものの場合は酷い腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38℃以上の高熱も出るのが通例だといえます。 アルコールをクラッキングするという力があるナイアシンは、辛い二日酔いに... 続きを読む

5-HT神経は、自律神経のメンテナンスや痛みを防御…

5-HT神経は、自律神経のメンテナンスや痛みを防御し、分泌物質の覚醒などを操っていて、気分障害(うつ病)に罹患している人ではその力が落ちていることが科学的に判明している。 結核への対策は、長年、1951年に誕生した「結核予防法」に拠ってなされてきましたが、56年後の2007年から結核以外の感染症と同... 続きを読む

ストレスがかかり、溜まっていく構図や、手軽で効果的…

ストレスがかかり、溜まっていく構図や、手軽で効果的な抗ストレス方法など、ストレスに関係している基本的な知識を学ぼうとする人は、それほど多くはありません。 BMIを求める計算式はどの国でも同じですが、数値の評価レベルは各国それぞれ違いがあり、一般社団法人日本肥満学会ではBMI値22が標準、25以上の場... 続きを読む

目と目を合わせることなどで、被介護者がセラピーキャ…

目と目を合わせることなどで、被介護者がセラピーキャットのことをすごく可愛いと感じた時に「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌された結果、ストレス緩和や癒しに繋がっているのです。 BMI(体重指数を求める式はどこの国も一緒ですが、値の評価基準は国ごとに違いがあり、JAPAN SOCIETY... 続きを読む

陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学上では股部白癬…

陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学上では股部白癬と言われている、かびの仲間である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの部位に何らかの理由で感染し、棲みついた病気のことで簡単に言うと水虫です。 脳卒中のくも膜下出血はほとんどが「脳動脈瘤」と言われる血管にできた不要な瘤(こぶ)が破れてしまう事が理... 続きを読む