Uncategorized

... 続きを読む

ハーバード医科大学の研究によれば、通常のコーヒーと…

ハーバード医科大学の研究によれば、通常のコーヒーと比較して1日2~3カップのカフェインレスコーヒーに変えれば、なんと直腸癌の発病リスクを約52%減らせたそうだ。 多機能な肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、肝硬変や糖尿病を始めとする... 続きを読む

下腹部の激痛をもたらす病気の代表格として、大腸の壁…

下腹部の激痛をもたらす病気の代表格として、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、女性性器の疾患など、様々な病名がみられます。 ふと気が付くと肘をついた横向きの状態のままでTV画面を見ていたり、長時間頬杖をついたり、... 続きを読む

男性だけにある内臓の前立腺は生育や働きにアンドロゲ…

男性だけにある内臓の前立腺は生育や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンがとても密接に関わっており、前立腺に発生してしまったがんも同様に、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の力で肥大化してしまうのです。 UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があるためオゾン層で一部分が吸収されるのです... 続きを読む

汗疱(汗疱状湿疹)は主に掌や足裏、又は指の隙間など…

汗疱(汗疱状湿疹)は主に掌や足裏、又は指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が出る症状で、世間一般ではあせもと呼ばれており、足裏にできると足水虫と混同されることも多くあります。 吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口からの出血に違いはありませんが、喀血というものは喉から肺を繋ぐ気道(きどう)からの... 続きを読む

真正細菌のひとつである結核菌は、感染した人が咳き込…

真正細菌のひとつである結核菌は、感染した人が咳き込むことで空中に排出され、空気中でフワフワと飛んでいるのを誰かが空気と一緒に吸い込むことによりどんどん感染していきます。 過飲過食、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、肉体的なストレス、老化といった複数の素因が絡むと、インスリンの分泌量が少なくな... 続きを読む

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もせずに…

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もせずに動かなくても使用してしまうエネルギーのことを指していて、大方を様々な筋肉・臓器の中で一番大きな肝臓・脳の3種類が使うと考えられているようです。 BMI(体重指数を計算する式はどこの国も同じですが、数値の評価基準は国単位で違いがあり、JAPAN SOC... 続きを読む

通常の場合は骨折しない位の小さな圧力でも、骨のある…

通常の場合は骨折しない位の小さな圧力でも、骨のある定まった部分だけに複数回にわたり次から次へと力が加わると、骨折が生じてしまうことがあるので気を付けなければいけません。 消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状が出る程度ですが、細菌性の... 続きを読む

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(…

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことによって、その膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなることで発症してしまうタイプの糖尿病です。 高齢の人や病気を持っている方は、一際肺炎になりやすく治療が長引くとい... 続きを読む

チェルノブイリ原子力発電所の事故の長期間に及ぶ追跡…

チェルノブイリ原子力発電所の事故の長期間に及ぶ追跡調査の結果によると、成人に比べると体の小さな子どものほうが風に流されてきた放射能の悪影響を受けやすくなっていることが分かります。 日々の規則正しい日常生活、暴飲暴食しないこと、適切な運動や体操等、アナログともいえる健康に対する注意点が肌のアンチエイジ... 続きを読む

杉花粉が飛散する3月前後に、まだ小さな子どもが平熱…

杉花粉が飛散する3月前後に、まだ小さな子どもが平熱なのに頻繁にくしゃみしたり水っ洟が出続ける症状だったなら、もしかしたら『スギ花粉症』の恐れがあります。 予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンに代わり、2012年9月1日より予防接種法で接種が推奨されている定期接種になるので、... 続きを読む