Uncategorized

... 続きを読む

インフルエンザ(流行性感冒)に対応している効果的な…

インフルエンザ(流行性感冒)に対応している効果的な予防策や医師による処置など、このような必須の対処策は、それが例え季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであっても変わらないのです。 栄養バランスの優れた食事を1日3回とることやスポーツは当然のことながら、心身双方の健康や美容を目的とし、... 続きを読む

肝臓を元気な状態に維持し続けるためには、肝臓の解毒…

肝臓を元気な状態に維持し続けるためには、肝臓の解毒する力が衰退しないようにする、別言すると、肝臓の老化対処法をできるだけ早く実行することが効果的だと思われます。 薬や酒に含まれるアルコール、合成乳化剤を始めとした食品添加物等の成分を酵素により分解して無毒化する働きの事を解毒(げどく)と呼んでおり、多... 続きを読む

音楽の公演の開催される施設やダンスするための広場な…

音楽の公演の開催される施設やダンスするための広場などに設置された巨大なスピーカーの近くで爆音を浴び続けて耳が聞こえづらくなることを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言うことをご存知でしょうか? 細菌やウィルスなどの病気を連れてくる病原微生物、すなわち病原体が肺の中へ忍び入り発病し、... 続きを読む

下が90以上の高血圧が長引くと、全身の血管に強い負…

下が90以上の高血圧が長引くと、全身の血管に強い負担がかかった結果、体中至る所の様々な場所の血管に障害がもたらされて、合併症を発症してしまう蓋然性が高くなると言われています。 頸椎などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間に存在する緩衝材のような役割を持っている椎間板(つい... 続きを読む

胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pec…

胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科手術では大半の病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈バイパス手術」の双方の手術の方法がしきりに使われています。 素人判断では折ったのかどうか判別できない場合は、痛めてしまった所の骨をゆっくり突いてみてください... 続きを読む

陰金田虫とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と呼…

陰金田虫とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と呼び、白癬菌というカビの一種が陰嚢(いんのう)、股部、お尻などの部位に何らかの理由で感染してしまい、寄生してしまった病気のことで俗に言う水虫のことです。 学校など大規模な集団生活で、花粉症の症状が要因で他の皆と同様に外で思う存分動くことができないのは、... 続きを読む

AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス、すなわ…

AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症のことで、免疫不全へと至り些細なウイルスなどが原因の日和見感染や悪性腫瘍等を発症してしまう症候群そのものの事を指し示しています。 5-HT神経は、自律神経を調整したり痛みを抑制し、あらゆる覚醒な... 続きを読む

腰などが痛むヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と…

腰などが痛むヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間に存在する緩衝材に近い役割を持っている椎間板(ついかんばん)という名称のやわらかい円形の線維軟骨が飛び出てしまった症例の事を表しているのです。 汗疱状湿疹は手の平や足裏、指と指の間などにプツプツとした細かな水疱がみられる皮膚病で、おお... 続きを読む

エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV…

エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染が原因となって生じるウイルス感染症であり、免疫不全を起こして些細な細菌などによる日和見感染やガン等を複数発症する病状そのものの事を称しています。 ものを食べるという行為は、次に食べたい... 続きを読む

強い痛みを伴うヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」…

強い痛みを伴うヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間にあるクッション的な働きをしている椎間板(ついかんばん)という柔らかい円形の組織が飛び出てしまった様子を指しているのです。 毎日のようにゴロンと横向きになったままTVを見ていたり、頬に頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を日常的に... 続きを読む