Uncategorized

... 続きを読む

常在細菌であるブドウ球菌(英:staphyloco…

常在細菌であるブドウ球菌(英:staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒の強烈な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と一方は毒の脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種があるのです。 「時間がない」「面倒くさい色々な人間関係が多す... 続きを読む

食事という行為は、食べ物を気軽に口に入れたら幾度か…

食事という行為は、食べ物を気軽に口に入れたら幾度か噛んで飲み下して終わりだが、その後体は本当に健気に働き続けて食物を人体に取り込むよう努力しているのだ。 拡張期血圧90以上の高血圧になると、血管に強い負担がのしかかり、頭頂からつま先まで様々な血管に障害が起こって、合併症を発症するパーセンテージが高ま... 続きを読む

細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最も患者数の…

細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最も患者数の多い中耳炎で幼い子どもによくみられます。激しい耳痛や熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(耳だれ)などの様々な症状が出ます。 自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格を保持しない方でも取り扱える医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの指示通りに対... 続きを読む

鍼灸用のはりを皮膚に刺してもらう、という物体的な程…

鍼灸用のはりを皮膚に刺してもらう、という物体的な程よい幾多の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスと呼ばれているいわば電気信号伝達を発生させるという考えが浸透しています。 「いつも時間に追われている」「面倒ないろんな付き合いが苦手」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの高度な進歩に追いつ... 続きを読む

吐血と喀血、いずれも血を吐くことですが、喀血は喉か…

吐血と喀血、いずれも血を吐くことですが、喀血は喉から肺に続いている気道(呼吸器…respiratory system)から出血することで、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上部にある食道などの消化管から血が出る病状を言い表しているのです。 いんきんたむしは20代~30代の男性に多く見られており、大... 続きを読む

冠動脈の異常である狭心症の外科処置としては「大動脈…

冠動脈の異常である狭心症の外科処置としては「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」とグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス手術」という2種の手段が標準的に扱われています。 常識で考えると骨折はしない程度の僅かな力でも、骨のある定まったエリアだけに幾度も繰り返して続けて力が加わってしまうことにより、... 続きを読む

「体脂肪率(percent of body fat…

「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の身体の中の脂肪の占有しているウェートであって、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、kg)×100」という数式で弾きだせます。 脂溶性であるV.D.は、カル... 続きを読む

グラスファイバーで作製されるギプスは、非常に強靭で…

グラスファイバーで作製されるギプスは、非常に強靭で重くないのに長く使うことができ、シャワーなどで濡れても破損しないという特長があり、現在採用されているギプスの人気製品なのは間違いありません。 BMI(体重指数)の計算式はどこの国でも一緒ですが、数値の位置づけは国によってそれぞれ少しずつ異なり、JAP... 続きを読む

様々な花粉症の症状(鼻みず、酷い鼻づまり、くしゃみ…

様々な花粉症の症状(鼻みず、酷い鼻づまり、くしゃみなど)のせいで夜しっかり睡眠を取れないと、そのために慢性の睡眠不足に陥り、翌日起きてからの諸活動に芳しくないダメージを及ぼすことも考えられます。 「肝臓の機能の悪化」は、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ... 続きを読む

体脂肪量はさして変動がなく、体重が飲み食いや排尿な…

体脂肪量はさして変動がなく、体重が飲み食いや排尿などによって短時間で増減するような時、体重が増加した方は体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減少したら体脂肪率が上がることがわかっています。 亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)や... 続きを読む