UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いとい…

UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという特性があるため大気中のオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるのですが、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸を損壊させたりして、皮膚に悪い影響をもたらすことが明らかになっています。

「肝機能の減衰」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの値によって判断することができますが、ここ数年間で肝機能が充分ではない方々が徐々に増加しているとされています。

道路事故や屋根からの滑落など、とても大きな圧力が身体にかかった場合は、複数のポイントに骨折がもたらされてしまったり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、さらに重症の時は臓器が損壊してしまうこともよくあります。

スギ花粉症などの病状(水っ洟、鼻詰まり、クシャミなど)のせいで夜間よく睡眠を取れないと、それが災いして慢性的な睡眠不足になり、次の日目覚めてからのすべての活動に思わしくないダメージを与えることも考えられます。

なんとなく「ストレス」というのは、「消すべき」「除去すべき」と捉えがちですが、現に、人は様々な場面でストレスを体験するからこそ、生き延びることに耐えられるようになっています。

亜鉛は、遺伝情報やタンパク質の合成に関わる様々な酵素や、細胞・組織の代謝機能に欠かせない酵素など、約200種類以上ある酵素の構築要素としてなくてはならないミネラルの一つです。

最も大きな内臓である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん)は、動脈硬化や狭心症といった多様な健康障害を誘引するかもしれません。

呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究の成果により、ワクチンの効能が期待されるのは、ワクチンを注射した2週後位から約150日程度だろうということが判明しています。

バランスの取れた食事を1日3回とることや体を動かすことはもちろんのこと、健康増進や美を目的として、欲しい栄養を補うために色々な種類のサプリメントを摂取する行為がまったくおかしくなくなったようです。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓に存在する血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が損傷を受けてしまい、あの膵臓からほぼインスリンが出なくなることによって発病に至る自己免疫性のタイプの糖尿病です。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事内容の欧米化に加えてタバコを吸う事・嗜好品・脂肪過多等の生活習慣が悪化したこと、ストレスなどに縁り、殊に日本人に多いという病気だということができます。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の直径が狭くなってしまい、血液の流れが止まって、大事な酸素や栄養を心筋に送ることができず、筋繊維自体が機能しなくなるという大変怖い病気です。

クモ膜下出血は9割近くが「脳動脈りゅう」という脳の血管の不要な瘤(コブ)が破れることが原因となって引き起こされてしまう脳の病気なのです。

チェルノブイリ原発の事故の長期間に及ぶ追跡調査の結果において、成人に比べて子供のほうが飛んできた放射能の有害なダメージをよく受けることが分かるのです。

アメリカやヨーロッパ各国においては、新薬の特許が切れてから約4週間後には、製薬市場のおよそ80%がジェネリック(ジェネリック医薬品)に変更される飲み薬もあるほど、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は各国に知られているのです。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。